お花見デート服のコーデ&持ち物は意外な落とし穴に気をつけて!

sponsored link

ここ最近暖かい日が続いていて、いよいよ春だなという感じがしますよね。

春といえば新生活が始まるなどガラリと環境が変わる人も多いのではないでしょうか。

そしてそんな春の訪れとともに盛り上がるものといえば“お花見”ですよね!

桜の開花の時期にもよりますが、お花見を新歓にする会社や大学のサークルも多いようです。

春になると綺麗な桜を見ながらお花見デートをするカップルも見かけます。

そんなお花見デートで女性の悩みと言えば服装ですよね。

季節の変わり目で毎日の気温も変わりますし、体を動かすわけではないけどアウトドアな感じも難しいです。

今回はそんなお花見の際の女性のコーディネートに参考にできる情報を紹介します。

春らしい装いで好印象に

春はパステルカラーなど、冬とは打って変わってふんわりした明るい印象の服がたくさん売られていますよね。

女性から見ても

「春服って可愛くてたくさん欲しくなる!」

という意見が多いんです。

そんな春らしい色の服を着て彼氏や新歓で出会った人に好印象を与えましょう。

16187_shop1_124079

(出典:jp.niponjjuya.com)

ただ、中にはダークトーンが好きな人もいますよね。

そんな人も無理はしなくてオッケーです。

小物だけ春っぽい色を取り入れるのも良いですし、色だけではなくパンプスを素足で履いたり少し首元の開いた服を着たりして素肌をチラッと見せると春らしさが出ます。

控えめな感じもきっと男の人はキュンとしますよ。

SFSELFAA0028533_0_jp_01_00_0023614

(出典:jp.stylenanda.com)

large_617632_4

(出典:www.elle.co.jp)

気温の変化に対応できるものをひとつ持つと便利!

お花見に忘れてはいけないのが“防寒アイテム”です。

わたしも毎年お花見の新歓に参加しますが必ずと言って良いほど寒くなるのです。

特にお昼からお花見を始めると帰りが寒いことは必ず頭に入れておいて下さい。

おすすめは最近冬にマフラーとして使っている人も多い大きめのストールです。

綺麗にたたんで持ち運べば荷物になりませんし、首に巻くと冬っぽいので羽織る感じにするのがおすすめです。

また長さもあるのでみんなが寒さで震えているときに広げれば、少なくても3人はひざ掛けとして利用できますよ。

stall-002

(出典:shopping.c.yimg.jp)

sponsored link

正解なのは”頑張りすぎない”こと!

26NJ_sannposurukoibitotati500-thumb-500x693-1634

人によって好きな系統は違うので一概にこういう格好!とは言いづらいですが、お花見はあまり頑張りすぎないということも必要です。

おしゃれは我慢と思って、少し寒い格好をして行った場合、気温はそれほど寒くなくても春は風が強いので必ず体が冷やされます。

我慢できないくらい寒くなったら震えながら頭に入らない話を聞いているのは嫌ですよね。

また、

「この子頑張っているな~」

と感じさせる格好は必ずしも相手に良い印象は与えません。

この子ちゃんと場所を考えているな、という、春らしさを取り入れつつも“動きやすさ”“寒くなさそう”だとか、配慮されている格好の方が男性からの印象は良いです。

気合を入れ過ぎても失敗しますから、適度なおしゃれと快適さのバランスを上手く取ってみてくださいね。

⇒サクラサクお花見特集はこちら!

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す