卒業式の告白で成功率を上げるためのタイミングとポイントとは?

sponsored link

寒さも和らいできて春が近づいてくると、いよいよもうすぐ卒業式。

送られる側の人も送る側の人も寂しさがこみ上げてきますね。

卒業式と言えば、片思いの人は告白しようか悩む時期でもあるのではないでしょうか。

憧れの先輩、ずっと好きだった同級生、気になっていた友達など色んなシチュエーションがありますよね。

どんな人でも卒業式は告白する絶好のチャンス!

勇気を出して告白すると決めたら、どこでどんな手段で告白するのかなど用意は万全にしましょう。

今回は卒業式の告白について成功するためにはどうしたら良いのかを考えてみました。

37127130_480x480

(出典:pic.prepics-cdn.com)

告白されるかも…!期待を作って成功率を上げる

卒業式は絶好のチャンスですが、注意しなければいけないのは今後学校では会えないことです。

卒業式の日突然告白されたら確かに嬉しいかもしれませんが、相手がほとんど知らない子だったら…?と自分に置き換えて考えてみてください。

嬉しくても相手のことを知らなかったら「はい」とは言いづらいですよね。

もし少しでも趣味が合うだとか、話していて可愛らしい、かっこいい子だなと良い印象を感じてくれていれば、告白の成功率はぐっと上がります。

そのためには告白する前に少しでも自分が気にしていることを相手に意識してもらうことが必要です。

もし話しかける勇気がなければ、意識的に相手と目を合わせるだけでも全くなにもしないよりは良い結果に繋がるはずですよ。

卒業式“前”が狙い目!告白のタイミング

告白のタイミングも迷いどころですよね。

タイミングとしてベストなのは卒業式当日ではなく、一週間前です。

当日は友達や後輩とお別れの日でいつでも誰かしらと一緒にいますから、案外抜け出すのに友達の目が気になったり、話しかけるタイミングが難しかったりするようです。

一週間前なら呼び出す余裕もありますし、相手も卒業式までに考える時間があります。

自分もその数日間はアピールのチャンスですから、最後の一週間だけでも頑張ってみましょう。

逆にそれ以上長いと相手も他のことに意識がいってしまいますし、万が一断られると気まずい時間が長くなってしまいます。

一週間前であれば相手もあなたのことだけ意識してくれますし、卒業シーズンの特別な空気も相まってあなたの存在は一段と大きくなります。

普段以上に相手の中にあなたのことを考えてもらえるベストのタイミングが“一週間前”なのです。

春休みにチャンスをつくる

「もう会えなくなるし卒業式に告白しなきゃ!」

と思う人が多いですが、卒業式には約束だけ取り付けて告白は春休みにする…という方法もあります。

これは特に、卒業式までにあまり話したり仲を深められずに告白をしても断られそうな人に考えてみてほしい方法。

先ほどもお話したように、いくら告白が嬉しくても相手のことをほとんどわからない状態ではOKを出す人はほとんどいません。

卒業式当日は友達などともう会えないと寂しい気分になっている人が多いので、そこで

「春休みに会ってください」

とお願いするとOKが貰える可能性は高いです。

特に忙しく予定が合わない場合などを除き、会うだけなら断る理由も特にありませんからね。

とはいっても、わざわざ二人で会う約束を取り付ければ告白したも同然です。

相手も当然意識しますから、“卒業一週間前効果”と同じようにアピール効果があります。

また、どうしても告白する勇気がなければ、連絡先や進学先などの話をして、今後も関係を続けていくことを努力してみて。

関係が発展してから、後日めいっぱいアピールして告白したほうが成功する場合もありますよ!

Fotolia_71254151_Subscription_Monthly_M-599x398

(出典:magazine-uploads.s3.amazonaws.com)

sponsored link

今回は卒業式で告白を成功させるポイントについていくつかお話ししました。

ここでお話したことを意識すれば、卒業式という特別なシチュエーションも手伝って、普段より成功率は高くなるはずです。

とはいえ、最後に必要になるのはやはり“一歩踏み出す勇気”です。

卒業式の力を借りればいつもより告白もしやすいはずですから、最後のチャンスを逃さずに頑張ってくださいね。

 ※関連記事も要チェック!

恋愛に効果てきめんな悪魔の心理学テクニック7選!

続・恋愛に効果てきめんな悪魔の心理学テクニック7選!

恋愛記事特集

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す