お花見おすすめ名所・穴場スポット仙台編!2015年最新版

sponsored link

「杜の都・仙台」は緑豊かな落ち着いた佇まいの街です。

仙台市は戦国時代の武将“伊達政宗”が開いた街としても有名ですね。

伊達政宗と言えば“伊達者”と呼ばれる“粋で魅力的”な武将です。

そんな杜の都にも間もなく春が来ます。

今回はそんな粋で魅力的な伊達者の街、仙台の桜の名所・穴場スポットをご紹介します。

100300-1

(出典:仙台観光コンベンション協会)

『青葉山公園』

仙台市のシンボル『仙台城(青葉城)』の一角にある『青葉山公園』には、約480本の桜が咲き誇っています。

仙台城へ向かう道を登りながら見る“桜の小径”が、その後の景色の素晴らしさを期待させます。

天守台に登ると眼下に広がる、緑色と桜色のコントラストは、まさに“絶景”です。

同じ青葉山にある『仙台市博物館』には伊達政宗の具足や陣羽織などが展示されていて、政宗の生き様を感じることができます。

復元された『仙台城大手門脇櫓』と桜のマッチも素敵ですし、伊達政宗になった気分で粋で豪華な桜を見てみませんか。

住所:宮城県仙台市青葉区川内

TEL:022-225-7211

最寄り駅:

観光シティループバス「博物館・国際センター前」

市営バス「博物川・国際センター前」

『西公園』

市街地のメインストリートの“定禅寺通”“広瀬通”“青葉通”の突き当りにある『西公園』は市内で最も歴史があり、市内屈指の桜の名所です。

公園内には伊達政宗が朝鮮から持ち帰ったと言われる『臥竜梅』や著名作家の彫刻などの見所が多くあり、桜と一緒に楽しむことができます。

仙台城にも近いので、天守台から望む事ができますし、反対に、公園から仙台城や青葉山公園の桜を見上げるのもまた違った風情がありますよ。

夜には提灯に照らされた夜桜を眺めることができるので、そちらも楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所:宮城県仙台市青葉区桜ヶ岡公園1-3

TEL:022-214-8259

最寄り駅:観光シティループバス「晩翠草堂前」

市営バス「大町西公園前」

『榴岡公園』

伊達家4代藩主“伊達綱村”公が桜約1000本を植えたことが始まり。

一度は火災で焼失しましたが、その後に“シダレザクラ”の名所として甦らせようと植樹して、現在は約370本の桜が咲き誇っています。

シダレザクラの他にも“ソメイヨシノ”“八重桜”などの桜が見ることができ、咲く時期もそれぞれに違うので、長い期間桜を楽しむことができます。

また公園内には『仙台市歴史民俗資料館』もあり、県内最古の洋風模造建築物として仙台市の有形文化財になっています。

白壁が印象的な洋風建築は、新緑の緑色と桜の桃色にマッチして素敵な時間を楽しめます。

仙台駅を挟んで「西公園」と「榴岡公園」を比べて見るのも良いですね。

住所:宮城県仙台市宮城野区五輪1-301-3外

TEL:022-291-2111

最寄り駅:JR「榴岡駅」

sponsored link

「杜の都 仙台」の桜は新緑に映えて、まさに“春の訪れ”を感じさせます。

伊達者の息吹と、おもてなしを受けながら、桜を楽しむのも良いですね。

仙台の街には、“牛タン”や“ずんだ餅”などの美味しい食べ物も沢山ありますから、街中や自然の中を、美味しい食べ物を味わいながら花見を楽しむのはいかがでしょうか。

⇒サクラサクお花見特集はこちら!

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す