イースター2015日程はいつ?そもそもイースターって何の日?

sponsored link

みなさん、2015年のイースターは4月5日です。

…で、イースターって何かご存知ですか?

「聞いたことはあるけどわからない」

「あれでしょ、タマゴのやつ」

なんて方も多いんじゃないかなと思います。

そこで、今回は最近少しずつ浸透してきたけれどまだまだメジャーにはなりきれていない

『イースターの基礎知識』

をご説明したいと思います。

この機会にしっかり抑えておいて“物知りな人”“流行に敏感な人”になっておきしょう!

イースター 由来

引用元:blog.fanchimp.com

イースターって何?

イースターとは、磔にされたキリストが3日目に復活したことから、『復活を祝う日』とされています。

日本語では復活祭とも言われますね。

長い冬が明けて春の復活(訪れ)を祝う行事でもあります。

キリスト教ではクリスマスと並ぶ最大の祭典です。

イースターの日程はいつ?

イースターはクリスマスのように決まった日程がありません。

それはイースターの日程の決め方が、

「春分後の最初の満月の後にくる最初の日曜日」

という風に決められているからです。

ですから、年によって毎年かなりのばらつきがでるわけです。

たとえば2015年は4月5日ですが、2014年は4月20日ですし、2016年は3月27日と大分早くなります。

ちなみに基準となる春分も場所によって異なるため、この場合は3月21日と固定されています。

このイースターの決定方法は、325年の第1ニカイア公会議で決まったとされています。

とてつもなく古い歴史があるんですね…驚きです!

sponsored link

お祝いはイースターエッグで!

イースターと言えば“イースターエッグ”です。

これはなんとなく存在を知っている人も多いのではないかと思います。

イースターエッグ

引用元:www.flickr.com

イースターのお祝いでは他のパーティーと同じようにごちそうを食べたりもしますが、メインはやはりイースターエッグ。

お祝いのためにカラフルに色を塗ったゆで卵(イースターエッグ)を探す『エッグハント』や、タマゴを割らないように転がす『エッグロール』といった子供むけの遊びなどもあります。

どうしてこれが復活を祝うことになるのか個人的にはあまりわからないのですが…

たしかに何となく楽しげな雰囲気ではありますよね!

イースター エッグロール

引用元:www.rakuten.co.jp/jungle-city/

イースター島のモアイも

そういえばモアイ像で有名なイースター島という島がありましたよね。

日本ではイースターと言えばこのモアイ像を連想する人が一番多いかも知れません。

名前から想像がつくように、このイースター島の由来も復活祭が関係しています。

発見者のキャプテン・クックが島に到着したのがちょうどイースターの日だったとのこと。

復活を祝う特別な日にあの島を発見してモアイ像を見たら…さぞかし不思議な気持ちになったでしょうね。

イースター イースター島 モアイ

引用元:www.his-j.com/tyo/gallery/moai.html

イースターを楽しむならココでしょ!

おそらく日本で一番盛大にイースターをお祝いしているところと言えば…

『ディズニーランド』

でしょう!

ディズニーランドでは毎年イースターの期間中、盛大なイベントが行われています。

イースター限定の特別パレードや園内のデコレーション、オリジナルグッズなども登場します。

ディズニー好きの人はもちろん、そうでなくともイースターのワクワク感をめいっぱい味わうことができるのでおすすめですよ!

引用元:TDRofficialchannel

今回はイースターにまつわるあれこれをご紹介しました。

キリスト教においてはクリスマスと同様にもっとも重要な行事なのですが、なぜか日本ではクリスマスと比べて驚くほど普及していません。

春の訪れを祝う行事でもありますから、この機会にイースターも楽しんでみてはいかがでしょうか?

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す