ゴールデンウィーク2015国内の航空券の相場は?主要空港発着をチェック!

sponsored link

入学や進級、就職と新生活で忙しかった4月も終わりほっと一息つきたくなるのがゴールデンウィークですよね。

また長い休みだからこそ友達や家族と旅行に出かける人もいるのではないでしょうか。

夏休みや春休みと違い平均して1週間程度のゴールデンウィークは飛行機での国内旅行がおすすめです。

ちょっとぐらい距離を伸ばしても飛行機なら移動時間や負担が小さいので色々なところに行けちゃいますよね。

そこで今回は気になる国内の航空券の値段について場所や航空会社別に値段を比較してみました。

今回の比較は全て羽田空港発で、ほとんどの人が連休になる5月2日出発・5月6日帰着を想定しています。

航空券は予約する日にちで変動が激しいので値段は参考にしてみて下さい。

海外の相場はコチラをチェック!

ゴールデンウィーク2015海外航空券の相場は?地域によっては倍以上に!

GW 航空券 国内 相場

出典:articleimage.nicoblomaga.jp

羽田~関西

・関西国際空港…往復25000円程度

最安値は行きがJALの9720円(先得割引を適応)、帰りがSFJ(SKY FLYER)の9290円(そら旅21)です。

ちなみに関西国際空港からは主要観光地にシャトルバスが運行しているのでセットで購入するとお買い得ですよ。

京都やUSJへ遊びに行く場合は特に便利です。

羽田~伊丹

・伊丹空港…往復30000円程度

同じく関西方面は関空以外に伊丹利用も検討できます。

最安値は行きがJALの13190円(GW特便割引)、帰りがANAの12690円(旅割)です。

こちらは航空会社での差が少なく各種割引を使うと30000円以下で往復できるようです。

羽田~中部

・中部国際空港…往復30000円~40000円程度

最安値は行きがJALの18800円(往復割引)、帰りがANAの8300円(旅割)です。

各種割引を使うと30000円程度で往復できるのではないでしょうか。

sponsored link

羽田~福岡

・福岡空港…往復40000円程度

最安値は行きがJALの19290円(先得割引)、帰りも同じくJALの21090円(先得割引)です。

福岡空港も大手航空会社での差が少なく各種割引を使うと40000円ちょっとで往復できるようです。

羽田~新千歳

・新千歳空港…往復40000円程度

最安値は行きがADO(AIR DO)の15290円、帰りも同じくADOの11090円です。

北海道での発着はAIR DOが安い場合が多いのでおすすめですね。

慣れているからなどの理由でで大手のANAなどを選択しても40000円程度という結果でした。

羽田~沖縄

・那覇空港…往復60000円程度

最安値は行きがSKY MARKの25500円、帰りがJALの29790円です。

やはり沖縄は特に人気があり便もあまり多くないので値段が高くつきます。

沖縄はかなり各航空会社によって差が出るので成田空港を利用してLCCを活用することをおすすめします。

今回はゴールデンウィークの国内旅行の航空券相場をご紹介しました。

やはりゴールデンウィークはどこも値段が高くなる傾向があるので、少しでも安く済ませるには早めの予約が必要です。

また航空券だけではなく宿の値段も観光地は値段が跳ね上がりますから早め早めの予約を心がけましょう!

関連:ゴールデンウィーク2015海外航空券の相場は?地域によっては倍以上に!

少しでも安く航空券をゲットしたいという人はこちらを参考に

ゴールデンウィークに人気の航空券を格安で手に入れる方法5選!

旅行に行きたいけど予算的にも金銭的にも無理!という方はこちらもどうぞ

 ゴールデンウィーク2015予算別楽しみ方特集!低予算で手軽に楽しもう

GW特集

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です