ニンニンジャー忍シュリケンの種類が多すぎてヤバい…違いが複雑すぎてクレーム沙汰に!?

sponsored link

テレビ朝日系列で放送中の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』ですが、

放送開始から間もない現段階で今年もすごく盛り上がっていますね!

そしてこの時期になると毎年戦隊シリーズのおもちゃラッシュで子供たちはワクワク、大人たちは度重なる出費でちょっとドキドキ?なシーズンなのですが…

今年はちょっとややこしい問題があるんです。

その問題とは『忍シュリケン』にまつわるものなのですが…

知らないと予想外に大損してしまうかもしれない大問題なんです!

今回はこの忍シュリケン問題についてまとめましたので、お父さんお母さんも後で痛い目を見ないようにしっかりと覚えておいてくださいね!

忍シュリケンって何?

そもそも『忍シュリケン』とは何かといいますと、ニンニンジャーの劇中に登場する手裏剣型のアイテムです。

ニンニンジャーの面々が変身したり、忍術を繰り出したり、必殺技を出したり、オトモ忍(ロボット)を呼び出したり…

何をするにも欠かせない、ニンニンジャーの力の根源のような存在ですね。

無駄に種類が多すぎる!

さて、この重要アイテム『忍シュリケン』は当然おもちゃとしても既に発売されています。

もう集めているご家庭もたくさんあると思います。

しかしこのおもちゃの『忍シュリケン』には大きな問題があるんです。

実は発売されている忍シュリケンには種類が色々とあって、それぞれが似ているようで完全に別物ということ。

そしてそれぞれのシリーズには一切の互換性が無く、一緒に遊ぶことはできないということ。

これが今混乱を招いていて、クレーム沙汰にもなりかねない状況なんです!!

どういうことか種類別に詳しく見ていきましょう。

sponsored link

なりきりシリーズ付属版

まずはなりきりシリーズに付属しているバージョン。

これはなりきり玩具の『忍者一番刀』や『ガマガマ銃』などに付属しています。

当初はなりきり玩具の付属品のみでしたが、要望が多かったため単品でも発売が決定しました(5月下旬発売予定)

5人の内『モモニンジャーシュリケン』だけはどの玩具にも付属していませんでしたので人気のようです。

このなりきりシリーズの忍シュリケンは特に問題ありません。

SG版(食玩版1)

ややこしいのがここからです。

さきほどのモノとは別に『SG忍シュリケン』というものも発売されます。

SG=ショクガンの略で、食玩ということでお菓子とセットになってスーパーに売っているアレです。

このSG版忍シュリケンは、忍者一番刀などのなりきり玩具と“一部”連動します。

一部というのは、忍者一番刀などのアイテムに装着は可能で音声もなるのですが、それ以外の光るギミックなどはありません。

また、なりきりシリーズの忍シュリケンはシュリケンジンの頭部と付け替えたりと、ロボットとも連動して遊べるのですが、SG版はそれもできません。

音声が鳴るのと、忍者一番刀などなりきり玩具にセットできる部分だけとなっています。

SG忍シュリケン

出典:syokugan-ohkoku.com

装着回転シリーズ(食玩版2)

そしてここからが大問題。

『装着回転シリーズ』という別の食玩シリーズの忍シュリケンなのですが、これはなりきりシリーズなどとは完全非対応です。

そもそもサイズが一回りほど小さく、忍者一番刀などにセットすることもできません。

音や光などのギミックも一切ありません。

では何が装着回転なのかといいますと、このシリーズにはクリップが着いていて、ズボンに挟んで装着でき、レバーでギュンギュン回転させて遊ぶことができるんです。

逆に言えばただそれだけの玩具です。

名前が非常に紛らわしいのですが、もう一度言いますが、なりきりシリーズやロボット類には装着も回転もできず全く連動しません。

ガシャポン忍シュリケン

そしてこちらも問題作の『ガシャポン忍シュリケン』シリーズ。

ご想像がつくと思いますが、このガシャポン版も当然なりきりシリーズ非対応です。

そして音や光などのギミックも一切ありません。

ガシャポン版には専用の機械があり、その機械にセットすることで(機械側から)音声を鳴らすことは出来ます。

忍者一番刀などに装着可能かどうかは発売前の現段階では不明なのですが…おそらく可能性は薄いと思います。

ですから、ガシャポン版は基本的にはただのコレクションですね。

コレクション以外で遊ぶとしたら投げつけるぐらいしかないでしょうか。

…ある意味本物の手裏剣っぽいですが、危険なのでやめましょう(笑)

また、ガチャポンでは他に『リアルチェンジ!ニンニンジャー』なんてシリーズもありまして、こちらはミニチュア版の武器や忍シュリケンがあります。

リアルチェンジの忍者一番刀には、リアルチェンジの忍シュリケンをセットでき、一応回転ギミックもあります(手動ですが)。

ただ、『ガシャポン忍シュリケン』の忍シュリケンと『リアルチェンジ』の忍シュリケンはシリーズもサイズも全く別物ですから、当然連動しませんのでご注意を。

かいてて自分でもちょっとわけがわからなくなってくるほどややこしいですが…。

しっかり整理しておいたほうが良いと思います。

ここまでザっと今回の忍シュリケン問題についてご説明してきましたが、おわかりいただけたでしょうか。

他にもここで紹介しなかったおもちゃや派生シリーズもたくさんありますし…全てキチンと把握しているお子さんや親御さんは1割もいないんじゃないでしょうか。

笑い話で済むなら良いのですが、その内クレーム騒ぎになって今後の発売スケジュールや放送にも影響が出てきそうでいちファンとしては心配です。

クレームをつけなくても済むように、もう一度整理し直しておいてください。

なりきりシリーズのおもちゃと連動させて遊びたいなら付属品か、今後発売されるばら売り、もしくは音声だけでいいならSG版まで!ということになります。

ご購入の際には細心の注意を払ってくださいね。

バナー

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です