ゴールデンウィークはスキー場で春スキー、スノボを楽しもう!

sponsored link

慌ただしかった4月も終わりに差し掛かると、待ちに待ったゴールデンウィークがやってきますよね。

ゴールデンウィークは例年天気が良いことも多いですから、旅行などを計画している人も多かいと思います。

その一方で、何をしようか特に予定もなく、かといってダラダラと毎日過ごすのももったいなし…なんて悩んでいる人も意外と多いはず。

それなら今年のゴールデンウィークはゲレンデで春スキーやスノーボードを楽しんでみませんか?

「え、春なのにスキー!?」

なんて思うかもしれませんが、春スキーは冬のスキーとはまた違った魅力があるんです!

今回はそんな春スキーの魅力と、春スキーが楽しめるおすすめのゲレンデをご紹介したいと思います。

【関連記事】

ゴールデンウィーク2015年は一人旅をしよう!タイプ別楽しみ方3選!

ゴールデンウィークに予定が無い人におすすめの暇つぶし・過ごし方!

ゴールデンウィーク 春スキー

出典:asp.hotel-story.ne.jp

春こそスキーでしょ!春スキーのメリット

春スキーを経験したことのない人は、本当に春にスキーなんて滑れるの?雪なんて溶けちゃってるんじゃないの?と思うかもしれません。

しかしそこはさすがに国土の75%を山地が占める山岳大国の日本、平野では雪がとっくに無くなっている季節でもゲレンデがある山にはまだまだ雪が残っているものです。

ですから、多くのスキー場は実はゴールデンウィークが終わる5月6日頃まで営業を続けているんです。

また、春スキーには春スキーならではのメリットもあります。

たとえば、

・人が少ない

やはり春になるとゲレンデを訪れる人は圧倒的に減ります。

冬は人でごった返しているゲレンデを我が物顔で堂々と、のびのび優雅に滑ることができるのが春スキーの最大の魅力です7。

・軽装でOK

雪が残る山地と言えど、ゴールデンウィークには平野と同じく春が訪れています。

ゴールデンウィークはシーズンの終了間際ですから、真冬のようにガチガチの防寒対策をしなくても大丈夫、というよりこの時期に冬用のウェアでは暑くて耐えられません。

長袖のTシャツにパーカーやトレーナーなど、普段着に近い恰好で気軽に滑ることができますよ。

ただし山の天気や気温は変わりやすいので、温度変化に対応できるように何枚か重ね着をするなどの工夫をおすすめします。

・割引がある

シーズンオフで人も来ないゴールデンウィークは、ハイシーズンから比べると考えられないくらい安い値段でチケットを買うことができます。

春スキー限定の割引を行っているところもあり、ハイシーズンの半額で滑れたり、春のシーズン券が10000円ちょっとで買えてしまうところも!

通常1日券が4000~5000円程度することを考えるととてつもなくお得です。

やっぱりデメリットもある

そんな魅力いっぱいの春スキーですが、やはり春スキーにもデメリットは存在します。

・雪質が悪い

真冬に比べて気温が高いため、どうしても雪質は悪くなってしまいます。

ふかふか・サラサラのパウダースノーはあまりお目にかかれません。

・滑りづらい

これも先ほどの雪質の問題とほぼ同じなのですが、ゲレンデの状態が悪いということは滑りも悪くなるわけで、真冬と同じような感覚で滑ることは少し難しいです。

とはいっても全く滑らないわけではありませんし、丁寧にワックスをかけてあげることでかなり滑りは改善されます。

トップレベルの競技スキーのように真剣にスポーツとして取り組むなら入念な準備が必要ですが、レジャーとして楽しむならそんなに気にしなくても大丈夫だと思います。

・コースが少ない

雪も少なく、人も少ない春のスキー場は全てのコースが滑走可能な状態になっているわけではありません。

コースを人が滑ることのできる状態にするには労力もお金もかかりますので、春スキーの場合一部のコースのみ稼働していることが多いです。

たいていはメインの一番大きく長いコースは滑走可能なので、そこまで不満は無いと思います。

sponsored link

春スキーが楽しめるおすすめのゲレンデ!

ここからは春スキーが楽しめる全国のおすすめゲレンデをご紹介します!

ここでご紹介するゲレンデはどこもゴールデンウィークが終わる5月6日までは営業を予定しています。

※天候などにより予定が変更になる可能性もありますので、詳細についてはゲレンデに直接お問い合わせすることをおすすめします。

札幌国際スキー場(北海道)

札幌市内で最大級のスキー場。

レジャーや学校の授業から一流のスキーヤーまで、幅広い用途、層の札幌市民に愛されるスキー場です。

コースの種類も幅広く初級者から上級者まで楽しめます。

安比高原スキー場(岩手)

全21コース中3本は非圧雪コースで、きわめて軽い極上ののパウダースノー(アスピリンスノー)が楽しめる最高の環境。

ゲレンデの雪質にこだわり整備も徹底されているため、いつでも快適な滑走が可能です。

ガーラ湯沢スキー場(新潟)

このスキー場の最大のウリはアクセスの良さ。

なんと上越新幹線「ガーラ湯沢駅」直結で、駅から出れば徒歩0分ですぐにゲレンデとご対面!

気軽な春スキーを楽しむには最高の利便性です。

たんばらスキーパーク(群馬)

首都圏から2時間ということで、都会から多くの人が訪れる人気のスキー場。

標高が高いため関東エリアでも雪質の良いゲレンデを長く楽しむことができます。

利便性と快適性を両立させた関東民に最適なゲレンデです。

今回は春スキーの魅力についてご紹介しました。

特に近年はゴールデンウィークと言えば関東以西では春どころか初夏の陽気のため、スキーなんて全く頭の中に無い人も多いのですが、だからこそこの時期が狙い目。

今年のゴールデンウィークは趣向を変えて春スキーを楽しんでみてはいかがですか?

※こちらのゴールデンウィーク記事も要チェック!

ゴールデンウィークに人気の航空券を格安で手に入れる方法5選!

ゴールデンウィーク2015予算別楽しみ方特集!低予算で手軽に楽しもう

GW特集

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です