梅雨入り梅雨明け2015!関東、九州、関西、東北の全地域大予想!

sponsored link

ゴールデンウィークなど楽しいイベントの多かった5月が終わり、6月になるといよいよ梅雨の季節がやってきます。

じめじめして洗濯物も乾かないし、ヘアスタイルのお手入れも大変な毎日。

雨続きで気分まで暗くなってしまいますよね。

中々好きになれない梅雨ですが、毎年必ず来るものですから事前に準備だけはしておきたいもの。

そこで今回は関東地方の過去のデータから2015年の各地域の梅雨入りと梅雨明け時期を大予想しちゃいます!

九州、四国、中国、近畿、東海、北陸、東北の各地域も見ていきますから、いきなり梅雨入りになって慌てないためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

梅雨の快適な過ごし方!楽しみながら憂鬱気分を撃退しよう!

梅雨の湿気を除湿機なしで除湿する簡単でエコな方法5つ!

2015年梅雨入り地梅雨明け

 出典:http://www.cporganizing.com/

2015年の関東の梅雨入りはいつ?

さて、それではさっそく2015年のまず関東地方の梅雨入りを予想していきましょう!

気象庁のデータ過去10年分を遡ってみました!

・2005年…6月11日

・2006年…6月 8日

・2007年…6月13日

・2008年…5月28日

・2009年…6月 3日

・2010年…6月13日

・2011年…5月21日

・2012年…6月 2日

・2013年…5月27日

・2014年…6月 2日

・平年 …6月 5日

早い年だと5月下旬、遅い年になると6月中旬と開きがあるようですね。

ちなみにこの関東の梅雨入り時期は気象庁のデータを遡ることができる1951年からほとんど変化していないようです。

そうなると今年も例年と同じように5月下旬から6月中旬頃の梅雨入りが予想されるわけですが…

今年は梅雨前線の活動が遅く、沖縄の梅雨入りも例年よりかなり遅めの5月20日前後となりました。

そのため関東の梅雨入りも必然的に遅くなることになります。

そこで当サイトでは、今年2015年の関東の梅雨入りは6月10~20日ごろと予想します!

2015年の関東の梅雨明けはいつ?

続いては梅雨明けの時期を予想しましょう!

こちらも気象庁のデータを過去10年分遡ってみますと…

・2005年…7月18日

・2006年…7月30日

・2007年…8月 1日

・2008年…7月19日

・2009年…7月14日

・2010年…7月17日

・2011年…7月 9日

・2012年…7月25日

・2013年…7月 6日

・2014年…7月21日

・平年 …7月21日

このようになっています。

先ほどの梅雨入りのデータと照らし合わせてみるとわかりますが、ほとんどの場合一ヶ月以上~6週間程度梅雨の時期が続きます。

早くても7月中~下旬ごろ、梅雨入りが遅かったり前線の動きで梅雨が長引くと8月まで続くこともあります。

今年は梅雨入りが例年より遅めになる予想なので、梅雨明けも遅くなるでしょう。

したがって当サイトでは2015年の関東の梅雨明けを7月15日~8月1日の間と予想します!

sponsored link

他の地域の梅雨入り、梅雨明けは?

梅雨は毎年沖縄から始まり、前線の北上に伴って日本列島の南から北へと梅雨入りしてきます。

最初に沖縄が梅雨入りしてからは2~3週間ほどの時間差があり九州の梅雨入りが始まるのですが、そこからはほぼ1日違い程度のわずかな差で日本全国が梅雨を迎えます。

したがって、関東の梅雨入りと梅雨明けを基準に考えれば他の地域の梅雨入りと梅雨明けも簡単に予想することができるんです。

たとえば

・九州、四国…-3日

・中国、近畿…-2日

・東海   …-1日

・北陸   …+1日

・東北   …+2日

最大でもこれくらいの違いしかありません。

なので、九州、四国、中国、近畿、東海、北陸、東北の各地域の梅雨入りは関東とほぼ同じく6月10~20日ごろ梅雨明けは7月15日~8月1日ごろになります!

今回は関東をはじめ各地域の2015年の梅雨入り・梅雨明けを予想しました。

例年より遅めの梅雨入りと梅雨明けが予想されるので、まだ梅雨本番まで少し余裕はありますね。

気になるものは今の内にしっかりと準備と対策をしておきしょう!

※関連記事も要チェック!

梅雨の快適な過ごし方!楽しみながら憂鬱気分を撃退しよう!

梅雨の湿気を除湿機なしで除湿する簡単でエコな方法5つ!

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す