お中元の時期はいつ?関東、関西、北海道、九州、東北など地域で違いも!

sponsored link

これから夏本番になってくると様々なイベントがやってきますが、最近ではスーパーやデパートでよくお中元売り場を目にしますね。

大人の付き合いの中ではお歳暮と並んで欠かせない行事です。

毎年のことなので、何にしようか悩む人も多いのではないでしょうか。

また、礼儀をきちんと踏まえたお中元を贈りたいものですよね。

ところで、学校のお休みや一番暑い時期は日本でも場所によって違いますが、お中元を贈る時期についてどんな違いがあるのか皆さんご存知ですか?

お中元をベスト時期送るのも礼儀のひとつ。

そこで今回はお中元を送る時期の全国的な違いを取り上げてみたいと思います。

【関連記事】

お中元2015最新のおすすめは?定番人気から変わり種まで一挙ご紹介!

暑中見舞いを出す時期は?正しい書き方と例文で大人のマナーを抑えよう

お中元 時期 関東 関西 北海道 九州 東北

出典:wwish.img.jugem.jp

お中元、関東と関西での違いは?

 お中元 時期 関東 関西

出典:contactlens-watcher.com

一般的には全国的に7月初めから15日くらいまでに贈るのが通常なようです。

なぜ15日までかというと「中元」とは中国が由来で15日のことを指すからなんだそう。

しかし日本のお中元文化はだんだんとお盆の時期に贈り物をするという文化に変わったので、関東と関西の間ではお盆の時期によるズレがあるようです。

新暦が基準になっている関東は最初に説明した7月初めから15日まで、関西は旧暦を用いているので7月後半から8月15日までだそうなので大きな違いがありますね。

全国の一般的なお中元時期

お中元 時期 関東 関西 北海道 九州 東北 一般的

出典:abysse.co.jp

先ほど関東と関西で比較したように7月初めから8月15日までの間で各地域のお中元時期は微妙に違いがあるようです。

おおまかにまとめるとお中元の時期は下のようになります

北海道・東海・関西・中国:7月15日~8月15日

東北・関東・北陸:7月1日~15日

九州:8月1日~15日

こう見ると隣接している地域でも差があることがわかります。

県をまたいでお中元を贈る際は一応チェックしておきたいですね。

sponsored link

違いは考慮したほうがいいの?

お中元 時期 関東 関西 北海道 九州 東北 礼儀

出典:dog-which-sings.com

これだけ違いがあると、忙しい人や一括でお中元を送ったり選んだりしたい人には不便ですよね。

地域ごとに違いがあるということを考慮しておくことも必要ですが、便宜的に日にちを絞りたい人は7月1日~15日が一番無難です。

また、届く日にちが相手の地域のお中元の時期とズレが出る場合は事前にお礼状を出すなどして知らせておくと良いでしょう。

とは言え最近ではネット通販を利用したお中元も多く、販売的な都合でお中元は7月1日~15日に固定されている傾向もあるようです。

いかがでしたか?

お中元の時期を知るのも、大切な相手への礼儀ですね。

時期まで気遣えると更に気持ちが伝わると思うのでしっかり把握しておきましょう!

【関連記事】

お中元2015最新のおすすめは?定番人気から変わり種まで一挙ご紹介!

暑中見舞いを出す時期は?正しい書き方と例文で大人のマナーを抑えよう

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す