冬は喉や肌の乾燥に要注意!予防や対策を万全にしましょう

sponsored link

先月から各地では雪もちらつき始め、
いよいよ今年も冬がやってきましたね。

皆さんは冬の寒さへの対策は万全でしょうか。

ストーブやこたつ、エアコンなどを使って
寒さ対策をしている人が多いかと思います。

そうなると気になってくるのが乾燥ですよね。

お肌の乾燥はもちろんのこと、
風邪が流行る時期でもありますから
のどの乾燥も気になります。

長い冬を乗り切るにはお肌ものども乾燥対策は必須です。

今回はそんな冬に気になる乾燥対策を紹介したいと思います。

お肌の乾燥は『顔と手以外』に気をつける

まずはお肌の乾燥対策からです。

冬はハンドクリームやリップクリームが手放せない!
なんて人も多いのではないでしょうか?

しかし意外とおろそかになってしまうのが、
手や顔以外の部分のケア。

特に肌の露出が少ない冬はあまり日常では
腕や脚は知らないうちに乾燥肌になってしまう場合も
少なくないのです。

お肌の乾燥を防ぐためにまず大切なのは

『お風呂上がりのケア』

です。

ボディクリームを塗る人も多いかと思いますが、
その時に気をつけてほしいのが

『クリームを塗るタイミング』

なのです。

顔のスキンケアでも同じことが言えますが、
クリームを塗るのはお風呂から出て10分以内に行いましょう。

お風呂から上がってから10分の間に、
入浴によって補給された水分は急激に失われてしまうそうです。

せっかく補給した水分が逃げてしまわないように
スピード勝負で水分を閉じ込めることが大切ですよ。

また外からの保湿に加えて大切なのは内側からの水分補給です。

一般に夏はこまめな水分補給が呼びかけられますが、
冬は水分を取る機会がめっきり減ります。

しかし湿度が低い冬こそ体は水分を求めています。

モデルさんは一日に2リットルは水を飲むといいますが、
少なくとも1リットルは水分補給するようにしましょう。

体を温めるという意味でも暖かい飲み物を持ち歩くと良いですよ。

sponsored link

健康に過ごすためにも『のどの乾燥対策』は必須!

次にのどの乾燥対策です。

よく風邪をのどからひいてしまうという人にとって、
冬の乾燥は大敵です。

風邪やインフルエンザにかからないためにも
しっかり対策しましょう。

外出先ではマスクをするという人が多いと思いますが、
家では加湿器の使用をおすすめします。

冬場は暖房器具を使用するため室内の湿度が
非常に低くなってしまうもの。

しかし一人暮らしの人は加湿器を持っていない
という人も多いはず。

そんなときは洗濯物を部屋干ししたり、
濡れたふきんを干しておくなど生活の中で
乾燥対策を心掛けるだけで大分変わります。

洗濯物を暖房器具のそばに干しておくだけでも
部屋の湿度は上がります。

最近急増している簡易型の加湿器もおすすめです。

本格的な加湿器ほど値段が張らないので、
あまり広くない一人暮らしの場合に最適。

また『紙加湿器』というタイプものが登場しており、
エコにもなりますし見た目もオシャレなものが多いもポイント。

61Kr6dJ5duL._SL1200_

まだまだ先が長い冬。

スキーなどウインタースポーツを楽しむ人にとっては一層楽しい季節となります。

また学生の皆さんは受験や卒業式など絶対に休めない行事も
これからたくさんありますから健康に過ごしたいですよね。

今から乾燥対策をばっちりにして長い冬を乗り切りましょう。

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です