USJにマリオエリアが新設!アトラクションはいつ、何ができるの?

sponsored link

大阪にある人気テーマパーク『USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)』に、ゲームメーカー任天堂の看板キャラクター『マリオ』を採用したエリアができることがわかりました!

一体いつ、どんなアトラクションができるのでしょうか?

今回はUSJのマリオエリアの噂に迫ってみました。

USJのマリオエリアって?

ユニバーサルスタジオジャパン マリオ

引用元:http://www.gizmodo.jp/2015/05/post_17065.html

さて、それではさっそく本題に入っていきましょう。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)は兼ねてから任天堂と共同で事業を展開していくことを発表していました。

USJといえば最近は映画という枠にとらわれず、進撃の巨人やエヴァンゲリオン、バイオハザードにモンスターハンターなど…日本で人気の漫画やアニメ、ゲーム作品とコラボをしてきました。

そこに満を持しての天下の任天堂の登場というわけですね。

大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)の運営会社が、任天堂との提携で事業展開を進める新アトラクションについて、400億円規模を投資して正面ゲート左側に設置する方針を固めたことが4日、分かった。東京五輪が開催される平成32年までのオープンを目指す。26年7月に登場した人気映画「ハリー・ポッター」がテーマのエリアと同規模の大型投資で、任天堂の人気キャラクター「マリオ」を使用する。

USJの運営会社ユー・エス・ジェイは映画だけでなく、日本のゲームやアニメをテーマにしたアトラクションを展開するなどの独自路線で収益を伸ばしており、任天堂とも共同で事業展開することで基本合意している。当初はマリオなどが登場する単体のアトラクションになるとみられたが、ハリー・ポッターと同規模の投資額を計画していることから、複数のアトラクションに飲食店やグッズ店などを融合したエリアになる可能性が高くなった。

正面ゲートを入って左側すぐの場所に設置する予定で、現在イベントスペースなどに使われているエリアを想定する。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00000502-san-bus_all

USJ 任天堂 マリオエリア

ということで、なんと400億円規模の大規模なエリアを新設するとのこと。

これまでは単発のアトラクションが建設されるとの予想でしたが、これによって一気に巨大エリアができる見通しがたったわけです。

まさに“スーパーマリオワールド”といったところですね!

アトラクションはいつ・何ができるの?

ところで、肝心のアトラクションは何ができるのでしょうか?

残念ながら今のところ、アトラクション詳細については一切公表されていません。

完成予定も、「東京オリンピックが開催される2020年までには…」というような表現で、具体的にいつということはまだ決まっていないようです。

ただ、マリオを使用した新設エリアということなので、ハリーポッターエリアのようにマリオの世界観を丸々再現したものができる可能性が非常に高いですよね。

たとえばディズニーランドのシンデレラ城のごとくピーチ城が建てられたり、ヨッシーの家があったり、潜れる土管や宙に浮いたブロックがあったり…想像するだけでも楽しくなります!

またゴーカートなどでマリオカートのサーキット場を再現するということもかなり可能性が高そうですよね!

一番アトラクション向きかつ、マリオの世界観も表現しやすそうなのでこれはかなり有力だと思います。

sponsored link

ただ、そうなると気になるのが他のキャラクターは一切出ないのか?ということ。

400億円もの投資額で一大エリアを建設するわけですから、マリオに限らず任天堂オールスターになってもいいはずです。

任天堂はマリオはもちろんですが、世界的に知名度と人気のあるポケモンもありますし、ドンキーコングやゼルダ、カービィなど誰もが知っているキャラクターはたくさんあります。

どうせならマリオだけじゃなくて、任天堂ワールドになればファン的にはより嬉しいですよね!

まとめ

これまで様々な作品とコラボしてきたUSJ。

日本が誇る任天堂、そしてマリオとの超大型提携には日本のみならず世界中のファンが楽しみにしています。

どんなものができるのかまだ全くわかりませんが、任天堂とUSJなら私たちの期待を遥かに超えてくれるはずです。

続報を楽しみに待ちましょう!

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す