バレンタインチョコ貰うってどんな気持ち?男の本音をまとめました

sponsored link

クリスマス、お正月が終わってしばらくは大きな行事もないしのんびり…

とは言ってられない女子にとっての一大イベントが2月にはあります。

そう、『バレンタイン』ですね。

最近では学校や職場で配る義理チョコ、特に友達同士でチョコの交換をしてイベントを楽しむという友チョコ文化なども流行っていますが、やはり重要な意味としては今も昔も変わらない『本命』へのプレゼントです。

普段は中々話しかけられない気になるあの人に、イベントを口実に話しかける大チャンスでもあります。

また、煮え切らない態度のあの人に態度をはっきりさせられるいい機会でもあり…

普段は相手からの告白待ちという女子が自分からアピールする絶好の機会でもありますね。

今年こそこの機会に思い切って…!という女子もたくさんいると思いますが、いざあげるとどう思われるか?と気になるのもまた事実。

そんな女子の不安を解決するために、今回はバレンタインに対する男子の本音をまとめてみました。

『気にしていないふり』しているだけ

結論から言いますと、世の健全な男子は皆今年は貰えるだろうか?誰から貰えるだろうかと気にしています。

超気にしています。

自分で公言している人はもちろん、そっけなくクールなふりしてるあの人も内心はそわそわしまくりです。

たとえそれが複数の子から貰えるような人気者だとしても一緒。

男なんて皆『アホ』純粋ですから。

それに『チョコを貰う=自分に憎からぬ思いを持ってくれている』ということですから、嫌われるより嬉しいのは当然ですよね。





『誰から貰っても』嬉しい

「でもそんなこと言って、可愛いあの子や人気者のあの子から貰うと嬉しいだけじゃないの?」

「私からなんか貰っても…」

なんて思う方もいるかもしれませんが、心配は無用。

先ほども言いましたが、男は皆『アホ』純粋ですから、『チョコを貰える』ということ自体が嬉しいのです。

これも繰り返しになりますが、嫌われるより好かれるほうが当然嬉しいです。

また、それまでは気にしていなかった相手でも、バレンタインがきっかけで急接近…なんてことも十分にあります。

迷っているあなたも、思い切って渡すだけ渡してしまいましょう!







『手作り』が嬉しい

「チョコを貰える」ということだけでもとても嬉しいことなのですが、それが手作りであれば嬉しさ倍増です。

自分のためにわざわざ時間と手間をかけて作ってくれた、という気持ちが伝わってきて思わずときめいてしまいます。

「うまく作れないから」「綺麗な市販のラッピングのほうがいいんじゃないの?」

というのは大きな間違いです!

お金さえ出せばいつでも買えるものよりも、あなたが作った自分だけしか手に入れられない世界で一つだけのもののほうが絶対に嬉しいです。

一人で作るのが苦手だ、という方はお母さんにお願いしたり、友達同士で作るのもいいかもしれません。

また凝ったものにさえ挑戦しなければ、大抵は板チョコを溶かしてまた再成形する作業が主ですから、意外とハードルは低いです。

今はインターネットでレシピも沢山見つけることができますから、是非挑戦してみてくださいね。

sponsored link

いかがでしたか?

ドキドキそわそわして中々いざとなると渡せないバレンタインですが、実はそわそわしているのは男子も全く同じ。

むしろあなたより意中のあの人のほうが100倍そわそわしているかもしれません(笑)

すぐにどうということではなくても、これを機に関係がグッと進むのは間違いありません。

今年は勇気を出して一歩踏み出してみてくださいね!

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す