お呼ばれ結婚式の服装マナーと着こなしで絶対NGなのは?

sponsored link

6月といえばジューンブライドとも言われるように結婚式へのお呼ばれが多くなる季節ですよね。

結婚式に参列するとなると気になるのが当日の服装やマナーについて。

特に初めて結婚式にお呼ばれされた方にとってはマナー違反をしないようにしないと…と何かと緊張するものです。

大人としてしっかりマナーを守ったうえで大事な人の結婚をお祝いしたいですよね。

そこで今回は、結婚式にお呼ばれしたときの服装のマナーや着こなしについて取り上げてみたいと思います。

友達や会社の人の結婚式が近々控えているという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 【関連記事】

お呼ばれ結婚式20代のワンピースおすすめブランドとコーデ特集!

梅雨のお呼ばれ結婚式は服装や靴の準備を万端にして参加しよう!

これだけは絶対NG!

まず、白っぽいドレスはNGです。

これはよく知られていることですよね。

白いドレスは花嫁の特権なので、丈やデザインが全然違うからといって白いドレスは絶対に着ないようにしましょう。

マナーであるだけでなく、自分も恥をかくことになってしまいます。

また夏だからといって肩の露出が多いものもNGです。

袖のある肩出しデザインのものであればある程度は大丈夫ですが、キャミソールタイプのドレスは必ずボレロなどを羽織るようにしましょう。

二次会や夜の披露宴以外ではあまり露出が多いドレスは控えるのが無難です。

控えた方が良いこと、気をつけたいこと

結婚式 お呼ばれ 服装 マナー 着こなし NG ファー

出典:sweet-heart.tv

うっかり忘れてしまいがちなマナーとして、革やファー素材を控えるというものがあります。

最近ではアクセサリーやバックの小物、羽織ものなどにファーをよく見かけます。

またおしゃれな素材として革を取り入れる人も多いと思います。

しかしこれらの素材は「殺生」を連想させるものとして、お祝いの場では控えるのが礼儀とされているのです。

ドレスの専門店でも普通に売っている場合が多いので気をつけるようにしましょう。

sponsored link

着こなしのポイント

結婚式 お呼ばれ 服装 マナー 着こなし NG	ドレス

出典:brideal.jp

以上の点を踏まえて自分で選ぶポイントを決めてみましょう。

ドレスは普段着とは違い高価なものなので、今後どんな着こなしができるのか先を考えながら選ぶのが良いですよ。

例えば色と形は好きなものを選ぶのも大切ですが、自分の肌の色にあったものの方がのちのち年齢によって着られなくなるのを防いでくれます。

よく今後のことを考えて地味な色を選択する人がいますが、ブルーやオレンジなどは肌色にあっていれば小物使いでドレスの印象を変えられるので似合う色を意識しましょう。

また柄物も素敵ですが、形で特徴のあるものの方がドレスの場合はおしゃれな着こなしがしやすくなります。

試着しないと良さがわからないものもあるので、いっぱい試着して着た感じが良いものを選びましょう。

いかがでしたか?

結婚式は主役の人も出席する人もとても楽しみにしていますよね。

マナーをしっかり踏まえつつ綺麗におめかしをして、大切な人の門出をお祝いしましょう♪

※関連記事もチェック!

お呼ばれ結婚式20代のワンピースおすすめブランドとコーデ特集!

梅雨のお呼ばれ結婚式は服装や靴の準備を万端にして参加しよう!

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す