正月太りをしないためには原因と対策を知って事前の防止を心掛けよう

sponsored link

クリスマスも終わり今年も残すところわずか。

いよいよお正月が近づいてきましたね。

おせちにお雑煮など美味しいモノや初詣に初売りと
楽しみなことが盛りだくさんなお正月ですが、

楽しみのあまりふと気づいたときに

『やばい…お正月太りしていた!』

なんてことも少なくないはず。

初売りで新しいお洋服を買ったのに
入らないなんて悲しい事態は避けたいですし、
お正月明け久しぶりに会う学校の友達や職場の人に
太ったなんて思われたくないですよね。

そのためにはお正月太りに気づいてからでは手遅れ、
事前にお正月太りを予防しなければなりません。

今回はそんなお正月太りの原因を考えながら
お正月太り防止の5か条を紹介したいと思います。

①お正月太りは年末から気を付ける

ただお正月太りと言ってもお正月だけが原因とは限りません。

お正月に入るまでにある立て続けの行事には
太る原因がたくさんあります。

クリスマスのごちそうやケーキ、連日の忘年会で
普段より確実に高カロリーな食生活になっているのが年末です。

普段より高カロリーなのにもかかわらず、
忙しい年末は運動不足に陥りがち。

『負の相乗効果』

とも言うべき高カロリー×運動不足の組み合わせで
放っておけば太らないほうがおかしいほどなんです。

ですから、まずはそれを意識した上で
食事を調節したり運動したりするようにしましょう。

②クリスマスの高カロリー料理に要注意

特にクリスマスといえばもとは外国の文化ですから
食事も洋食が多いですよね。

日本の伝統食とは全く性質がことなります。

それに加えてクリームたっぷりのケーキや
パーティーなどでお菓子を食べるとカロリーは大変なことに!

クリスマス当日までカロリーのことは考えたくないですから、
その前後で調整するようにしましょう。

③おせち料理に要注意

日本食が詰まったおせち料理ではついつい気を抜いて、
たくさん食べてしまいませんか?

でも実はおせち料理にも高カロリーな料理が
たくさん潜んでいるんです。

特に要注意なのは栗きんとんや黒豆や
伊達巻といったお砂糖をたっぷり使っているモノ。

これらの食材は洋菓子にも劣らないほど
高カロリーなので食べ過ぎると『確実アウト』です。

低カロリーなのはお魚を材料としているかまぼこや
酢の物ですからたっぷり食べるならそちらがおすすめです。

一方で、お雑煮などで食べる機会の多いお餅ですが、
お餅は実はそれほどカロリーは高くありません。

一般的な市販の切り餅2個分で
白米の茶碗一膳分相当のようです。

元をたどればお餅の原料もお米ですから、
当然と言えば当然ですが茶碗御飯と大差はないそう。

きなこやあんこなど佐藤をたくさん含んだモノと
合わせて食べる場合は注意が必要になりますが、
お雑煮などで普通に食べる分にはあまり問題はありません。

腹もちもいいのでかえって間食などを防止してくれるので
適切に食べるのは正月太りの防止になりますね。

④ついつい手が出る頂き物に要注意

年の瀬にもう一つ注意が必要なのは、
お歳暮を始めとする数々の頂き物です。

中には焼き菓子の詰め合わせなどをもらう人も
多いのではないでしょうか。

そばにお菓子がたくさんあると年の瀬の忙しさに紛れて
ついついもう一個と知らないうちに
食べる数は増えていってしまいます。

一日何個までと決めて、食べる分しか箱から出さない
といいった決まりを自分の中で作っておくと良いですね。

⑤実家に帰ってごろごろしない

年の瀬の忙しさから解放されて実家に帰ると
ついつい毎日ごろごろしてしまいますよね。

しかしこれこそがお正月太りの最大の原因です。

年末からかけて太りやすい食生活が続いているのにもかかわらず
運動をしないともちろん太ってしまいます。

休みを満喫してごろごろするのも良いですが
実家の手伝いや親戚の子供と遊ぶなど
一日一時間でも良いので意識的に運動する時間を作りましょう。

sponsored link

せっかくの楽しいお正月、
あとで後悔しないためにも

『絶対にお正月太りをしないぞ!』

と事前に心に留めておくことが大切です。

適度においしいものを食べてお正月を楽しみましょう。

                           


sponsored link




こちらの記事もおすすめです:
                                                   

コメントを残す